食べ合わせで効率よく代謝アップ【肉・魚・野菜類】

多くのダイエッターが意識しておきたいことには、「代謝アップ」もその1つですね。

 

ダイエットには、適度な運動や食事制限はとても重要なことですが、代謝アップに欠かせない食材をしっかりと食習慣に取り入れることで、効率の良い栄養補給とダイエット効果が期待できます。

 

もちろん、食材を単品で食べ続けるのではなく、相乗作用が期待できる食べ合わせを行うほうが、理想の身体へとスピーディに導かれることに。

 

今回は、そんな身体作りに必要な代謝アップを効率よく行う食べ合わせをご紹介していきましょう。

代謝アップの食べ合わせ

 

豚肉・卵・モヤシ

 

糖質をスムーズに代謝するには、「ビタミンB1」が必要になります。

 

そのビタミンB1は、豚肉や、枝豆などの豆製品に多く含まれていて、卵や大豆製品、バナナなどに含まれる「ビタミンB6」や、納豆やモヤシ、サンマ、チーズなどに含まれる「ビタミンB12」との組み合わせにより、それぞれの効力を高めるとされています。

 

例えば、豚肉を卵とモヤシで炒めた一品はいかがでしょうか?

 

そこへ納豆を付け合わせてもGood。

 

また、晩酌には、枝豆にチーズを組み合わせたおつまみもいいですね。

 

キノコ類・ニンニク

 

脂質の代謝サポートに作用する「ビタミンB2」は、キノコ類、牛乳、ヨーグルトなどに含まれています。

 

そして、ビタミンB2は、ニンニクなどに含まれている「ビタミンB6」との組み合わせが最適。

 

きのこのガーリックソテーや、バナナヨーグルトなどがオススメです。

 

 

かぼちゃ・じゃがいも

 

「ビタミンE」は、血行促進、代謝アップに効果的ですが、「ビタミンC」との組み合わせにより「コラーゲン」の代謝を活発化させます。

 

ビタミンEを多く含む食材といえば、かぼちゃ、ほうれん草、赤ピーマン、アーモンドが挙げられ、ビタミンCではキャベツやレンコン、じゃがいも、キウイやいちごといった果物類が挙げられます。

 

かぼちゃにじゃがいもを加えた温野菜サラダを試してはいかがでしょうか。

 

サンマ・レモン

 

代謝アップに作用する「クエン酸」は、代謝に関連する「ビタミンB12」とともに摂取することで、その効果の期待度が高められます。

 

クエン酸と言えば、レモンやお酢、梅干し、トマトなど酸味を感じる食材に多く含まれていて、ビタミンB12を多く含むサンマにはレモン汁をかけたり、モヤシとトマトでヘルシーサラダもいいですね。

 

豚肉・ニラ・タマネギ

 

代謝を高めて脂肪燃焼に作用する辛味成分の「アリシン」は、ニラ、ニンニク、ネギやタマネギなどに含まれていて、豚肉に含まれる「ビタミンB1」とともに摂取することにより、さらなるエネルギー代謝アップに繋がります(※「ビタミンB1を効率よく増やして、糖質代謝アップ」を参照)。

 

ニラやニンニク、タマネギとともに、豚肉の炒め物で作用を高めてみましょう。

 

ダイエットの食事制限では、太り体質に繋がる食材を避けたり、摂取量を少なくすることが多々ですが、食材に含まれる多くの栄養素を組み合わせ、期待できる相乗作用を健康的なダイエットに利用することも重要です。