代謝とダイエット【水分消費で体重低下・基礎代謝と食事のコントロール・筋肉量等】

 

生命維持に必要なものの1つには、「基礎代謝」がよく挙がっています。

 

これは、寝ているなど何もしていない状態であっても、消費されるカロリーのことであり、その基礎代謝量は一般的に、1日における総消費カロリー量の約70%を占めるとされています。

 

ダイエットでは、この基礎代謝に意識を向けるかどうかで、成功か失敗かが決まると考えてもいいでしょう。

 

こちらでは、そんな基礎代謝と他の代謝についてもご説明致します。

基礎代謝と食事のコントロール

 

健康や体型維持に不可欠であり、ダイエットでも重要とされる運動ですが、基礎代謝アップ効果に期待はできるものの、あくまでも補助的と考えるべきでしょう。

 

当然、飲食により摂取カロリーは増えますから、何もしなくてもエネルギー消費を行う基礎代謝が総消費カロリー量の約70%を占めているということは、運動よりも摂取カロリーの全てを担う食事のコントロールが、ダイエットにおいて重要な基本と言えるのです。

 

毎日運動を欠かしていないのに痩せにくいと感じているダイエッターでは、結局のところ無意識に摂取カロリー量を多くしており、僅かな消費カロリーとなる運動が相殺されてしまっている、または、体型を違えるほどの消費には至らなかった、ということが大きく考えられます。

 

運動によるカロリー消費の効果も、食事のコントロールがされてこそ期待できるものと覚えておくようにしましょう。

 

水分消費による体重低下に要注意

 

運動や半身浴後などに体重を測定すると、一気に減量したと感じることがあるかもしれませんが、水分が抜け落ちただけで、脂肪が落ちたための体重減少ではないケースがほとんど。

 

発汗により水分が塩分ごと排出されるために、体重が一気に落ちることがあるのです。

そういった結果が、運動によるスピーディなダイエット効果だろうと思い込み、その後も過剰な期待をしているダイエッターは多くいることでしょう。

 

しかしながら、水分が抜け落ちたことによる体重低下は、痩せてきたということにはならず、かえってリバウンドをしやすくすることにもなりかねますから、要注意です。

 

基礎代謝と筋肉量

 

摂取カロリーを過剰に増やすと、肥満に近づいてしまうことは、ダイエッターなら誰もがご存知のはず。

 

加えて、食事をコントロールすることが基礎代謝にも大きく影響します。

総消費カロリー量の約70%を占める基礎代謝のうち約50%、つまり総消費カロリー量の約35%は、筋肉が占めています。

 

筋肉量は、運動や日常生活の活動によって一定時間に消費するカロリー量に比例しますから、筋肉量が多いほどに痩せ体質がキープされ、少ないほど痩せにくく太りやすい体質になると言えるのです。

 

また、筋肉はメリハリのついた体型を維持するとともに、筋肉量が多ければ体重が同じであっても体脂肪率は低いことになり、引き締まった身体へと導いてくれます。

そんな筋肉作りには、筋トレなどが真っ先に思いつくかもしれませんが、運動以上に食事による影響も大きくあるのです。

 

筋肉量を増やすためにはある程度のカロリーが必要になりますから、ダイエット中で厳しい食事管理をしていると、筋肉は減少傾向にありがちです。

 

ダイエット中には、筋肉量の大幅アップはとても困難なことなので、筋肉減少を抑制し、脂肪だけを燃焼させる食事管理が必要になります。

 

その正しい食事管理が、リバウンドなしのスムーズな痩せ方に繋がります。

 

もちろん、摂取した栄養素を脂肪よりも筋肉へと行き渡りやすくするためにも、筋トレは必要不可欠。

 

有酸素運動とプラスして行えば、ダイエットにおいてより効果的となります。

 

筋肉以外の基礎代謝

 

上記にて、筋肉が基礎代謝の約50%を占めていると述べましたが、残りの約50%は、消化器系や循環器系、脳、骨格や皮膚など、ありとあらゆる器官になっています。

 

筋肉同様、それぞれの器官も健全な食事管理や適度な運動によって活発的な活動を行いますから、基礎代謝量を増やすことで、健康的かつ丈夫な美ボディと活力溢れる頭脳を持つことが可能と考えられるのです。

 

ダイエットも、外見だけではなく、中身から健康的に行うことが必須というわけです。

 

3つの代謝

 

代謝には、睡眠時代謝と呼ばれる基礎代謝の他に、大きく分けて、「生活活動代謝」と「DIT(食事誘発性熱産生)」の2つがあります。

 

生活活動代謝は、身体を動かすほどにアップするエネルギー消費であり、DITは、食事で内蔵が活発化することによるエネルギー消費のこと。

 

一般的に、身体を動かすことで代謝アップとなる生活活動代謝を意識することがダイエットに繋がるように感じますが、1日の総消費カロリー量の多くを基礎代謝が占めていることから、常に基礎代謝が高い状態にある人の方が、肥満になりにくいと言えます。

 

3つの代謝について、ご理解頂けたのではないでしょうか。

代謝への意識を見直し、正しいライフスタイルを送ることが、ダイエット成功への近道になることをお忘れなく。