スーパーフードを効率よく摂るためのポイント【摂取方法・和食・注意点等】

 

美容と健康への効果に加えて、ダイエットやアンチエイジングにも働きかける「スーパーフード」は、栄養バランスにとても優れている特徴を持ち、「食品とサプリの中間に値する」という定義付けがされることも。

 

多くのサイトでも、スーパーフードを利用した様々なレシピ、食べ方が紹介されていますね。

 

とはいえ、中にはスーパーフードに含まれる栄養を失わせてしまうような食べ方なども紹介されていることがあるのです。

 

栄養豊富なスーパーフードでは、そのメリットを最大限にまで活かすための摂取法が必要です。

 

こちらでは、効率よく摂取するポイントをご説明していきましょう。

効果を高める摂取方法

 

スーパーフードといえば、特定の有効的な成分、効率よく健康への効果を高める成分などが豊富に含まれた食材ですが、そのような成分の中には、加熱に弱いものも多くあるのです。

 

ですから、生食が可能な食材に関しては、出来る限り生のまま摂取することがおすすめです。

ただし、フレッシュな状態で手に入れることが困難な食材もあることでしょう。

 

今では、ジュース、すり潰したペースト状、低温乾燥などによる粉末といった様々な形で商品化も多くされていますから、試してみるのもいいですね。

 

さらに、お気に入りのヘルシーなシリアルに、複数ものスーパーフードを少しずつ入れるなど、スーパーフードとの組み合わせを楽しむ食べ方もいいでしょう。

 

より効率よく有効的な成分を摂取することができる上、様々な効果にも期待ができます。

 

和食をメインとするスーパーフード

 

意外と、和食ではスーパーフードが豊富。

 

納豆や玄米、味噌、小豆、昆布やひじき、ショウガ、梅干し、緑茶などと、昔より親しまれてきた和の食材に、数多くのスーパーフードが存在しているのです。

 

日本人の食習慣では、欧米化が色濃くなってきている昨今ですが、原点を思い返し、和食をメインとする食習慣を心がけることで、無理のないスーパーフード食が摂取可能です。

 

スーパーフードの摂取に注意すべきポイント

 

スーパーフードには多くの有効成分が含まれていますが、その中には、体内より短時間で排出されてしまう成分もあります。

 

さらに、ビタミンCの特徴にあるように、大量摂取をしても、その過剰分が体外へとすぐに排出されてしまう成分も少なくありません。

 

ですから、スーパーフードをバランスよく、効率よく摂取するためにも、大量を一度に摂取するのではなく、少量ずつ摂っていくことがおすすめなのです。

 

また、スーパーフードとはいえ、カカオなど高カロリーな食材も多くあります。

 

スーパーフードによっては、摂取適量をしっかりとコントロールすることが必要であり、過剰な摂取カロリーを避けること、特定の成分を過剰摂取しないことに注意しておきましょう。

 

美容と健康に効果的だからと、摂取できるだけすればいいというわけではないことを認識しておきましょう。

 

一般的な食材よりも栄養価が高い「スーパーフード」は、単独で活用するよりも、他の食材とともに摂取する方が効果的とされています。

 

それぞれの食材、その栄養成分について理解を深め、相乗効果を高めながら食習慣にプラスすることを考えましょう。