ビタミン類の相乗作用で綺麗に痩せる【スポーツ・運動・アルコール摂取のタイミング、ビタミンA・B・C・E・P等】

健康的なキレイ痩せを目指すには、やはり様々な栄養素をバランス良く摂取することが基本ですね。

 

そして、それぞれの作用を強化させるためには、その摂取法にこだわることも重要です。

 

今回は、そんな栄養素の一つ、ビタミン類全般について、作用を強める摂取法をご紹介していきましょう。

蓄えられるビタミン類と蓄えられないビタミン類

 

f:id:adism:20180123132217p:plain

 

さらなる健康的なキレイ痩せのためには、体内におけるビタミン濃度を常に高くしておきたいもの。

 

そのためには、ビタミンの「脂溶性」「水溶性」を考える必要があります。

 

脂溶性は体内にて蓄えられるという特徴があり、そのビタミンといえば、「ビタミンA」「ビタミンD」「ビタミンE」「ビタミンK」が挙げられます。

 

一度に多く摂取しても、利用に至らなかった分は、そのまま体内に残り、再び血中のビタミン濃度が低下すると、利用されることになります。

 

だからといって、当然ながらいつでも過剰摂取をすればいいということではありません。

 

ビタミンEではあまり心配はないものの、他の種類では過剰症によりかえって身体の不調に繋がることもあるので、過剰摂取は絶対NGです。

 

そして、脂溶性のビタミンは、1日に1度、または2日に1度の頻度で適量を摂取しましょう。

 

食品はもちろん、ビタミン剤の使用でも同様のことが言えます。

 

一方、体内に溜め込むことができない水溶性のビタミンでは、「ビタミンB群」「ビタミンC」などが挙げられます。

 

腸より吸収される際のビタミンは、エネルギーを「ATP(アデノシン三リン酸)」から受けて高濃度より低濃度へと、「能動輸送」により運ばれます。

 

ただし、一度の吸収量には限界があり、過剰に摂取した場合、逆に吸収率は低下してしまいます。

 

さらには、血中へと吸収されたとしても、細胞内に到達しなかった分は、利用されることなく腎臓に向かい、尿とともに排出されることに。

 

つまり、ビタミンB群ビタミンCは、大量を一度に摂取するのではなく、1日3~4度に分けて適量摂取することが健康的なキレイ痩せへと繋がることになるのです。

 

1度の摂取量全てを吸収、その全てが有効的に利用されるためには、少しずつの摂取が理想なのです。

 

そのために、それぞれ1日の適量から総摂取量を決めて、3~4度に分けることがオススメです。

 

摂取のタイミングで相乗作用を高めること

 

f:id:adism:20180123141424p:plain

ビタミン類を摂取するタイミングによって、その作用を高められるかどうかを大きく左右することになります。

 

健康維持における習慣的な摂取以外で、運動をする、力仕事をする、ダイエットでは特に精神的ストレスが強い状態など、様々な状況に合わせ、その前に摂取するか、後に摂取するかというタイミングは、効力に深い関連性を示します。

 

スポーツ・エクササイズ編

 

例えば、スポーツを始めた場合には、身体を活発的に働かせるため、「グリコーゲン」や「ブドウ糖」などの「炭水化物」をエネルギー転換させます。

 

さらにスポーツを継続することで、脂肪からタンパク質とエネルギー源として次々に代謝されていきます。

 

そしてその過程には、「ビタミンB1・B2・B6」、「ニコチン酸」、「パントテン酸」など「ビタミンB群」が必要になるのです。

 

つまり、スポーツをする前に、ビタミンB群をしっかりと摂取し、スポーツの最中には、体内にビタミンB群が充満している状態が理想なのです。

 

これら全てのビタミンB群をスポーツ後に摂取しても、代謝への効力においては意味がないということに。

 

同じく、スポーツ中のストレスに強く対応するために必要な「ビタミンC」も、スポーツ前に摂取しておくことが大切です。

 

ストレスに打ち勝つために重要なキーとなる「副腎皮質ホルモン」は、多くのビタミンCを必要とするのです。

 

そして、スポーツ後では、体内にため込まれた疲労物質の「乳酸」を除去するためにビタミンB1を、疲労回復のためにビタミンCを改めて摂取するといいでしょう。

 

ダイエッターに必要なエクササイズにも、この相乗作用で身体への負担を軽減しながら、効率よく継続しやすい運動習慣にしたいですね。

 

アルコール編

 

接待やお付き合いなどで、お酒を飲む機会が多い人には、スムーズにアルコール分解を行う「ニコチン酸」をあらかじめ補給しておくことがオススメ。

 

さらに、アルコール分解の過程で発生する有害物質の「アセトアルデヒド」を分解するためには、「ビタミンC」も必要不可欠です。

 

ビタミンCは、上記でもお伝えした通り、精神的なストレスへの強い対応に働きますから、ニコチン酸とともにお酒の席につく前にしっかりと摂取しておきましょう。

 

総集編

 

ビタミン類を有効的に利用するためには、必要となる状況に合わせて、事前に十分な量を体内に摂取しておくことが第一条件です。

 

さらに、習慣的に摂取するにおいても、代謝が高まる日中のことを考え、夜よりも朝の摂取がオススメ。

 

ただ、ビタミンの効力が現れ始める時間は、種類により違いがあることを覚えておくといいでしょう。

 

基本的に、水溶性ビタミンよりも脂溶性ビタミンのほうがスピーディに効力を発揮していきます。

 

水溶性は溜め込むことができないため、必要な時に必要な分だけ利用され、残りは排泄されてしまうから。

 

とはいえ例外もあり、ビタミンCは水溶性でありながら、即効性があり、二日酔いや疲労感などの時にビタミンCを摂取すると、早い回復が期待できます。

 

また、脂溶性のビタミンEは、他の種類とは違い間接的な「抗酸化作用」の働きを以って身体へと影響するため、その効力はなかなかすぐには感じられにくいといえます。

 

ビタミン類で期待される相乗効果

 

ビタミンA・C・E

 

「ビタミンA・C・E」の共通点に、「酸化抑制作用」が挙げられます。

 

互いの役割を補い合い、単独以上の強い効力を活かしていきます。

 

ビタミンAは、化学構造によると「二重結合」が多く見られ、変化しやすいこと、酸素との結合で酸化しやすいことがわかります。

 

酸化してしまったビタミンAは、吸収されづらくなる上、吸収されたとしてもその効力は十分に発揮できなくなります。

 

ただし、同じく多くの二重結合を持ち、ビタミンAよりも酸素との結合力が強いビタミンEとともに摂取すれば、ビタミンEのほうが優先的に酸化されるため、ビタミンAは酸化しづらくなり、その効力も下がりにくくなります。

 

ビタミンC・E

 

「ビタミンE」には抗酸化作用があるため、動脈硬化や高血圧などの予防に効果的とされています。

そして、「ビタミンC」を同時に摂取すれば、その予防効果の期待度もさらに高まることに。

コラーゲン生成に大きく関わるビタミンCを摂取することで、血管壁の細胞同士を強く結びつかせ、傷つきにくい血管壁へと導きます。

結果、動脈硬化などが引き起こりにくくなるのです。

 

ビタミンB群

 

脂肪やタンパク質、炭水化物の「3大栄養素」は、体内での分解でエネルギーを産生しますが、その過程に「ビタミンB群」の全てが関連しているとされ、B群のどれかたった1つでも欠けると、スムーズなエネルギー代謝は行われなくなってしまうのです。

 

つまり、「ビタミンB1・B2」に加え、「ニコチン酸」や「パントテン酸」など、全てのビタミンB群を同時に摂取する必要があります。

 

その食品では、肉類、レバー、卵黄や酵母などが最適。

ビタミン剤を利用するなら、ビタミンBのコンプレックス(複合体)がオススメです。

 

ビタミンB2・E

 

「ビタミンB2・E」ともに酸化抑制作用があるものの、同時に2つを摂取することで、作用はさらに強化されます。

 

その割合では、「ビタミンE:ビタミンB2=(イコール)10:1」が最適とされていますが、厳密に守らずとも、ビタミンEとB2の同時摂取を心がけましょう。

 

ビタミンC・P

 

「ビタミンC」は、「ビタミンP」によりその作用を強めることがわかっていて、ビタミンPはビタミンCの「強化因子」とされています。

 

1つの食品には、各種ビタミンが含まれています。

 

食品からのビタミン摂取がベースとされることには、一度でそれぞれのビタミンを吸収することで、その相乗効果に大きな期待が持てるからなのです。

 

もちろん、上記以外にも未だに判明していないビタミン相互の作用は多くあります。

 

キレイ痩せは、健康的であればこそ。

 

各種ビタミンの単独作用、相乗作用をうまく利用しながら、健康的なダイエットライフを楽しみましょう。