ブロッコリースプラウトの効果や栄養、食べ方、注意点【ダイエットサポート食材】

ダイエットをしたいけれど、身体に大きな負担をかけるのは苦手…それなら、「ブロッコリースプラウト」を食生活にプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

この数年で、健康的な身体作りに最適な野菜として話題になったブロッコリースプラウトは、とてもリーズナブルなスーパーフードであり、ダイエットのサポート食材として、とてもおすすめなのです。

 

では、そんなブロッコリースプラウトの魅力をお伝えしましょう。

ブロッコリースプラウトとは?

 

カイワレ大根に似たような「ブロッコリースプラウト」は、ブロッコリーの新芽であり、予防医学によって誕生した野菜です。

 

少量であっても、栄養抜群のブロッコリー1個分以上もの栄養価に優れたスーパーフードで、がん予防やダイエット効果に期待ができるとされています。

 

マイルドなカイワレ大根の味わいとシャキシャキ食感は、アレンジ自由で日々の食事にも取り入れやすいもの。

 

基本的に、3~10日ほど栽培される「スプラウト(発芽野菜)」は、最初の双葉が開いている状態のことを示しています。

 

植物は、発芽から茎を成長させる段階でパワーを最強化させるとされ、新栄養成分の合成に加え、既に含まれている栄養成分もさらに増えていくことになります。

 

ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの栄養成分全てにおいて上回っており、特に「スルフォラファン」という抗酸化物質をとても豊富に含んでいるのです。

 

栄養成分「スルフォラファン」とその正しい食べ方

 

植物の天然成分である「ファイトケミカル」の一種、「スルフォラファン」は、その解毒作用が様々な疾病予防に効果的とされています。

 

体内にスルフォラファンが吸収されると、化学物質や環境などの影響によって生成された、体内の発がん物質などを無毒化へと作用する「解毒酵素」の働きを高めます。

 

さらに、「抗酸化酵素」の活発化、ピロリ菌の除菌、花粉症抑制、メタボ予防効果などに期待ができます。

 

ブロッコリースプラウトには、スルフォラファンの「前駆体」が含まれていて、ブロッコリースプラウトが細胞破壊となる際、同様に含まれている酵素の「ミロシナーゼ」と反応し、スルフォラファンへと変化します。

 

スルフォラファンをしっかりと吸収するためには、ブロッコリースプラウトの調理法にも気をつけたいもの。

 

スルフォラファン自体は熱に強いのですが、スルフォラファンへの変化に必要なミロシナーゼは、加熱により破壊されてしまいますから、生食がおすすめです。

 

ただし、加熱をしたとしても、前駆体が腸内細菌の酵素によってスルフォラファンへと変化することが確認されており、ミロシナーゼが破壊されれば有効性が全くなくなってしまうというわけではないようです。

 

生食は苦手、バラエティな調理を楽しみたいという人には、時に加熱もいいでしょう。

そして、先にお話したように、スルフォラファンの吸収率を高めるためには、ブロッコリースプラウトの細胞破壊が重要ですから、スムージーや細かく刻む調理法にしたり、よく噛んで食べることをお忘れなく。

 

また、スルフォラファンを一度摂取すると、解毒酵素は約3日間その働きを持続させるとされているので、数日の間に1度以上は摂取することを心がけましょう。

 

 

ブロッコリースプラウトの効果

 

代謝アップ

 

上記でお話した「スルフォラファン」は、肝臓における働きをサポートする作用を持っています。

 

摂取したアルコールを分解するというイメージが強い肝臓ですが、当然、糖分や脂肪分の分解も行う、ダイエッターにとってとても大切な臓器なのです。

 

肝機能を活発化させ、糖分などが問題なく分解されれば、代謝もしっかりと促進され、効率の良い脂肪燃焼へと繋がり、痩せ体質への可能性も高まります。

 

ブロッコリースプラウトは、肝機能改善の効果にも期待できますから、ダイエッターではなくても、既に健康診断によって肝機能が平常値内ではなかった人、お酒好き・暴飲暴食が習慣的になっている人には、健康面のサポートに是非ともおすすめ。

 

デトックス効果

 

スルフォラファンを習慣的に摂取することで肝機能改善に繋がれば、「デトックス」効果にも期待が高まります。

 

肝臓の解毒作用は、体内に蓄積した老廃物・有害物質の排出、つまりデトックスを意味しますから、身体を中からキレイにして、血流・リンパ流の改善、代謝アップへと繋げやすくするのです。

 

美肌作り

 

美肌作りに必要な成分である「カロテン」は、ブロッコリースプラウトにも豊富に含まれています。

 

カロテンは、体内でその必要量を、皮膚の代謝アップへと働く「ビタミンA」へと変換し、健康的な美肌作りをサポートします。

 

さらに、含まれている「ビタミンC」は、レモンよりも2倍以上多いとされ、シミなどの様々な肌トラブル予防・改善に期待できます。

 

 

アンチエイジング効果

 

活性酸素の無毒化へと働くスルフォラファンは、ブロッコリーはもちろん、他の野菜よりもブロッコリースプラウトに多く含まれています。

 

その抗酸化作用によって、細胞の老化防止、がん予防、肌トラブルの予防・改善など、様々な効果が期待できます。

 

特に、がんの大きな原因には、遺伝・環境の他に、身体の防御機能が弱まっていることも関係するのです。

 

発がん因子への抵抗には、「解毒力」、「抗酸化力」、「免疫力」が必要であり、ブロッコリースプラウトにはその全ての力を高めてくれる成分が多く含まれていますから、健康的なダイエット食材として、積極的に日々の食事に摂り入れていきましょう。

 

ブロッコリースプラウトのダイエット方法

 

ブロッコリースプラウトで効率よくダイエット作用を高めるためには、「3日に1度以上、1日に20g」は摂取することが重要です。

 

スルフォラファンによる作用が3日間持続するということですから、毎日続けなくても3日以内の摂取を守ればOKです。

 

食べ方については、「栄養成分「スルフォラファン」と正しい摂取法」をご参考に。

 

アレンジ自在の調理やコストパフォーマンス、入手法などとても優秀なブロッコリースプラウトを活用したダイエット法は、とてもおすすめなのですが、ブロッコリースプラウトを食べただけで痩せられる、というわけではありません。

 

適度な運動、偏食のない食習慣を続けることが大切です。

 

 

摂取における注意点

 

ナチュラルなスーパーフードといえども、過剰摂取ではかえって身体の毒になることもありますから十分に気をつけましょう。

 

特に、スルフォラファン、またはスルフォラファン入りのサプリメントなど、植物性では比較的安心とはされているものの、過剰摂取には要注意。

 

そして、もし、血圧低下の薬など、常用薬がある場合でスルフォラファンのサプリメントを服用したい場合は、事前に医師へのご相談をおすすめします。

 

さて、まずはブロッコリースプラウトの選び方ですが、茎がシャキッとして強く、黄色くなく濃い緑色の双葉、高さのそろった苗、傷みや悪臭がない新鮮なものを選びましょう。

 

ちなみに、ブロッコリースプラウトにおいてスルフォラファンの含有量は、発芽から3日目が最も多く、その後は減少していきますから、多めに購入しておく方法はおすすめできません。

 

度々お買い物ができない方には、サプリメントの利用を考えるのもGood。

 

ただし、ナチュラルに近く安全性が高いものを選びましょう。

 

ブロッコリースプラウトは、サラダ、スープやリゾット、パスタなどのトッピング、鍋物、サンドウィッチの具材など、様々なアレンジ調理が可能ですから、美味しいダイエットがすぐに始められます。

 

しかも、他のスーパーフードとは違ってリーズナブルな価格も魅力的。

 

最近では、「ブロッコリースーパースプラウト」と言って、特別な栽培法によりスルフォラファンをさらに多く含んだものも売られているので、是非お試しを。