タイガーナッツとは【ダイエット効果ややり方、味等】

健康的なキレイ痩せへの期待度が高いスーパーフードでは、「タイガーナッツ」も人気上昇中。

 

とはいえ、タイガーナッツについての知識は十分と言えるでしょうか?

 

今回は、そんなタイガーナッツについて詳しくご紹介していきます。

タイガーナッツとは?

 

まず、「タイガーナッツ」を全く知らない人にとっては、アーモンドなど「ナッツ」の種類に含まれるという認識ではないでしょうか?

実のところ、タイガーナッツはナッツ類ではなく、ラッキョウなどのように、植物であり地中で育つ茎の部分、「塊茎」になるのです。

 

日本では知名度が低いタイガーナッツですが、古代よりヨーロッパでは食されている「野菜」です。

 

地中海沿岸など栽培に最適な場所であり、原産国の1つとして有名なスペインでは、タイガーナッツを絞ってできたミルクの「オルチャータ・デ・チュファ」が昔から親しまれており、流行の発信地とされるアメリカ・ニューヨークでも、近年大注目されている食材です。

 

タイガーナッツのダイエット効果

 

美肌効果

 

強い抗酸化作用で知られる「ビタミンE」といえば、まさしく若返りのビタミン。

 

ヒトの身体は、吸収した酸素の一部を「活性酸素」に変化させますが、通常外部より受けるウイルスや害毒などを破壊させる酸素ではあるものの、過剰に増えた場合、逆に老化を促進させてしまいます。

 

そのために、強力な抗酸化作用を持つビタミンEで余分な活性酸素を破壊する必要があるのです。

 

タイガーナッツは、そんなビタミンEを豊富に含んでいて、その量は、タイガーナッツと比較されやすいナッツ類のアーモンドより約2.5倍。

 

 

しっかりとしたアンチエイジング効果に期待でき、キレイ痩せへと繋げます。

 

もちろん、タイガーナッツにはカリウムやマグネシウムなど「ミネラル類」も多く含まれていますから、ビタミンEによる活性酸素除去も加わって、糖尿病や高血圧、脳梗塞などといった生活習慣病予防にも繋がることになります。

 

デトックス効果

 

ダイエットライフに必要なデトックス作用といえば、やはり「食物繊維」ですね。

 

アーモンドなどのナッツ類には、100gに対し10g強という豊富な食物繊維が含まれていますが、タイガーナッツでは、100gに30gという、アーモンドの約3倍も含まれています。

 

食物繊維は、胃腸のバランス調整を行い、便秘解消はもちろんのこと、善玉菌を増やして悪玉菌を退治する効果に期待できます。

 

腸は、「第二の脳」と言われる通り、身体のあらゆる機能を支配しています。

 

ダイエットにおいても、腸はバランス調整がされていて、正常な働きをしている状態であることが重要です。

 

脂肪蓄積抑制効果

 

タイガーナッツには、100gで約25gの脂質が含まれています。

 

これは、「飽和脂肪酸」が約18%、「一価不飽和脂肪酸」が約72%、「多価不飽和脂肪酸」が約10%という、まさにオリーブオイルに似通った脂肪酸組成になっています。

 

そして、オリーブオイルにも豊富に含まれている「オレイン酸」が、タイガーナッツにも多く含まれていて、脂肪蓄積を抑える働きを持つとされています。

 

さらに、オレイン酸は血液中の悪玉コレステロールを減少させる働きを持っていますから、そのコントロール作用で血流改善へと繋げます。

 

血行促進効果

 

タイガーナッツには、アミノ酸の一種である「アルギニン」も含まれているので、血管を拡張、血行促進効果に期待でき、ダイエットに必要な代謝アップを効率よく行えます。

 

タイガーナッツの糖質

 

糖質を多く含んだ食材は、ダイエッターにとって避けたいもの。

 

タイガーナッツには多くの糖質(デンプン質)が含まれているので、ダイエット食材にはならないのではと思われがちですが、タイガーナッツの糖質は「難消化性デンプン(レジスタントスターチ)」なのです。

 

お米やパンに含まれるデンプン質との比較では、タイガーナッツのデンプン質は小腸にて消化されにくく、そのまま大腸まで直接届くことになります。

 

結果、身体には吸収されにくい上、エネルギーとして十分に使われながらも、カロリーは約半分のみ吸収されるという、ダイエットにサポート的な糖質なのです。

 

ちなみに、カロリーの比較では、アーモンドが100gで約600kcalであるのに対し、タイガーナッツは100gで約500kcalとやや低め。

 

とはいえ、マグネシウムなどのミネラル成分がとても豊富に含まれていますから、健康的な身体を維持するためにも、十分な効果が期待できる食品です。

 

タイガーナッツダイエットのやり方

 

タイガーナッツを使用した基本的なダイエット法とは、食前に8~10粒ほどを摂取するだけというシンプルなもの。

 

含まれている多くの食物繊維が、その後の食事で血糖値の急上昇を予防し、脂肪蓄積を抑えます。

 

さらに、タイガーナッツで満腹感を得て、自然と食事量もセーブされるため、ストレスフリーなダイエットライフが継続可能です。

 

ただ、タイガーナッツを過食してしまうと、カロリーの過剰摂取はもちろん、食物繊維の過剰摂取にもなり、かえって酷い便秘になることも考えられます。

 

1日の適量は多くても20粒までを厳守しましょう。

 

 

タイガーナッツのタイプ・選び方

 

販売されているタイガーナッツでは、「皮付き」と「皮なし」がありますが、食物繊維が多く含まれているのは皮付きのものなので、ダイエッターには是非ともおすすめ。

ただ、皮なしのタイガーナッツは食感が良く、初心者には食べやすいと言えるでしょう。

 

また、「粉末タイプ」のタイガーナッツも、スムージーなどのドリンクやシリアルにかけるミルクとして、また小麦粉の代用でダイエットクッキーなどのベイキングにと、調理しやすくおすすめです。

 

さらに調理では、オレイン酸が多く含まれた「タイガーナッツオイル」も使いやすいですね。

 

タイガーナッツの味

 

栄養価が高いとされるタイガーナッツは、美容やダイエットに効果的というものの、やはり継続して摂取する必要がありますから、特にタイガーナッツ自体をご存知ない人には、その味が気になるところですよね。

 

タイガーナッツの大きさは1cmほどで、丸みを帯びたゴツゴツ感とその噛みごたえが特徴的。

 

噛むほどにほのかな甘味と酸味、ナッツのような香ばしさと濃厚さも感じられます。

それほど強い癖はなく、子供にも食べられるくらいと思っていいでしょう。

 

タイガーナッツを使ったダイエットレシピも、今ではネット検索で多くヒットするようになっています。

 

とはいっても、ただ食べるだけのダイエットと考えずに、ダイエットの基本である運動も組み合わせることを忘れないようにしましょう。

 

栄養価が高く、様々な効果効能に期待できるスーパーフードですが、あくまでもサポート食品であることを心しておきましょう。