緑茶でダイエット【効能・カテキンダイエット・効果・食べ合わせ・タンニンの注意点等】

日本人の食習慣には、昔から日本茶は欠かせないもの。

 

基本的に、茶葉はどれも同じですが、完全な発酵による「紅茶」、半分が発酵された「烏龍茶」とは違い、やはり日本茶といえば発酵を止めてできた「緑茶」ですね。

 

その緑茶にも、健康的なダイエットに繋げるための「食べ合わせ」があることをご存知でしたか?

 

緑茶に期待できる効能

 

緑茶というと、何と言っても強力な抗酸化力を持つ「カテキン」が豊富に含まれていることが有名でしょう。

 

ポリフェノールの一種であるカテキンは、老化の促進やガンの原因となる「活性酸素」の無毒化、細胞・血管の老化防止に加え、過酸化脂質の生成抑制を行い生活習慣病予防の効果に期待できます。

 

また、血栓や血糖値上昇の抑制、胃潰瘍などの原因とも言われるヘリコバクター・ピロリ菌の除去作用、このような疾患の予防効果にも期待があります。

 

緑茶のカテキンダイエット

 

緑茶に含まれているカテキンを利用したダイエット法は、血中のブドウ糖値である「血糖値」の急上昇を抑制することで、肥満への繋がりを防止していく方法になります。

 

通常では、ヒトが食事をすると血糖値は上がるのですが、その正常値保持に働く「インスリン」が膵臓より分泌されます。

 

しかし、インスリンには、血中のブドウ糖がエネルギー変換される一方、余ってしまった残りを脂肪にして蓄積するという性質があるため、血糖値を上昇させやすい食品を摂取するとインスリンは大量分泌され、さらに蓄積される脂肪が増え、太りやすい体質へと導かれることに。

 

つまり、血糖値を急上昇させない食習慣が重要になるのです。

 

同様の考え方で、以前から「食べる順番」によるダイエット法もよく紹介されていますが、カテキンを食前や食中、食後に摂取することで、血糖値を緩やかにする食習慣もオススメなのです(ただし、カテキンについては違った見方もあり、下記参照)。

 

もちろん、緑茶にはカフェインも豊富に含まれているため、カフェインの過敏症・中毒症のリスクを避けるためにも、過剰なまで緑茶を摂取することはNGです。

 

緑茶の栄養素で期待できる相乗効果

 

栄養素では、キレ痩せに必要な「ビタミンC」や「ビタミンE」の他、「カリウム」や「カルシウム」、「鉄」などを含んでいる緑茶ですが、特に抗酸化力を持つビタミンC・Eは、同じく含まれるカテキンとの相乗作用により、活性酸素を抑制へと導きます。

 

ただ、水に溶けない特徴を持つビタミンEにおいては、抹茶にしたりふりかけにしたりして、茶葉自体を摂取することがオススメです。

 

緑茶との良好な食べ合わせ

 

緑茶とともに摂取すると良い食材を挙げていきましょう。

 

キレイ痩せは、身体の内側からもしっかりとキレイにし、身体が持つ本来の機能を正常化、健康的で正しい体質作りが必要になります。

 

健康診断などから既に体調が気になる方は、是非お試しを。

 

高血圧・動脈硬化予防

 シメジ、ゴマ、キクラゲ、ワカメ

 

ガン・老化予防

 トマト、椎茸、米、ブロッコリー

 
胃腸機能の正常化

 白菜、キャベツ、アスパラガス、山芋

 

傷み軽減

 梅干し、ミョウガ、ネギ、シソ

 

「タンニン」における注意点

 

緑茶によるキレイ痩せへの相乗作用は多くあるのですが、緑茶に含まれている渋味成分の「タンニン」についても、注意しておかなくてはいけません。

 

まず、タンニンについてですが、緑茶はもちろん、紅茶や渋柿にも含まれている渋味の元であり、カテキン類の総称ですね。

 

上記で記した通り、抗酸化作用や抗ガン・殺菌作用、コレステロール値の減少作用、血管障害予防などに期待できる上、脂肪分解からエネルギー変換への働きにも有効的で、肥満予防に適した成分でもあります。

 

スポーツにおいても、スタミナ持続に効果的ですから、紅茶などスポーツドリンクに使用されてもいます。

 

ただし、鉄分との食べ合わせには要注意。

 

鉄分といえば、肉類・魚類などに含まれる「ヘム鉄」、野菜などに含まれる「非ヘム鉄」の2種類があります。

 

ヘム鉄よりも非ヘム鉄のほうが体内への吸収率は低いとされるのですが、タンニンを含むお茶などとの摂取により、さらに非ヘム鉄の吸収率が低下してしまいます。

 

女性ダイエッターでは、鉄分不足による冷え性に悩まされている人も多く、特に鉄欠乏性貧血の人は、食事中や食後1時間以内に緑茶を摂取することは避けたほうがBetter。

 

ただし、過去にはお茶との組み合わせが良くないと言われていた、貧血の治療薬として使われている鉄製剤などは、現在のところタンニンによる影響はないとされています。

 

もちろん、そのような治療薬を常用している人は、かかりつけの医師にご確認を。

 

食事中にどうしてもお茶が飲みたいという人には、タンニンが少ないとされる麦茶やほうじ茶がオススメです。

 

タンニンが多く含まれる緑茶は、食間やスイーツの時に飲むのもいいでしょう。

 

ちなみに、緑茶や紅茶以外でタンニンが含まれている飲み物では、コーヒーやワインなどが挙げられます。

 

緑茶は肥満予防にも効果的な飲み物です。

 

自身の体調に合わせた正しい摂取法で、さらに健康的なダイエットライフを続けましょう。