お酒好きでもダイエットしたい!太りにくい飲酒法やおつまみとの組み合わせ(「まごわやさしい」食材等)

お酒がどうしてもやめられないというダイエッターも多いことでしょう。

 

「アルコールは太る」とよく言われますし、暴飲暴食のきっかけになってしまったりすることも少なくないのでは?

 

しかし、正しいお酒の楽しみ方を覚えれば、太りにくい身体をキープすることが可能なのです。

 

太りにくいお酒とは?

 

お酒といえば、大きくわけて、日本酒、ワインやビールなどの「醸造酒」と、焼酎、ウイスキーやブランデーなどの「蒸留酒」の2種類がありますね。

 

基本的に、醸造酒は糖質を多く含んでおり、蒸留酒は糖質がカットされたアルコールですから、お酒好きダイエッターには蒸留酒がオススメなのです。

 

もちろん、蒸留酒の中でもまれに糖質を多く含んだものもありますから、楽しむ前にご確認を。

 

ちなみに、ビール以上に糖質を多く含んでいるカクテルやサワーなどでは、毎飲3杯以上で糖質の過剰摂取状態になってしまうため、要注意です。

 

醸造酒好きのダイエッターは要チェック

 

だからといって、醸造酒を全く飲まないほうがいいというわけではありません。

 

お酒に限らず、全ての食品に言えることですが、基本的に値段の安さは不純物・添加物などの量が大きく関係しています。

 

安いお酒には、それだけ添加物などが多く含まれていて、悪酔いをしやすい上に、臓器に大きな負担をかけやすいとも言えるのです。

 

特に、カロリーオフなどが謳い文句の発泡酒では、添加物がとても多いとされますから、オススメできません。

 

さらに、醸造酒を飲むのであれば、飲み過ぎに要注意。

1日にコップ1杯ほどを適量としましょう。

 

 

食欲を増すお酒とおつまみの最適な組み合わせ

 

アルコールの摂取では、食欲を増すということが特徴的。

そのことから、暴飲暴食~太ってしまう、という繋がりができてしまうのです。

 

つまり、お酒の付け合せには、「太りにくいおつまみ」の組み合わせが重要なキーとなります。

では、そんな太りにくいおつまみをご紹介していきましょう。

 

太りにくいおつまみ

 

・魚のお刺身

 

・魚介類のスープ

 

・塩分控えめの枝豆

 

・海藻類たっぷりのサラダ

 

・キノコ系料理

 

「まごわやさしい」食材

 

いわゆる、「まごわやさしい」に含まれる食材ですね。

 

・ま…大豆など豆類(タンパク質、マグネシウム)

 

・ご…ゴマ、ナッツ類(不飽和脂肪酸、ビタミンE)

 

・わ…わかめなど海藻類(ヨード、カルシウム)

 

・や…野菜類、根菜類(βカロテン、ビタミンC)

 

・さ…魚類(タンパク質、オメガ3脂肪酸、亜鉛)

 

・し…しいたけなどキノコ類(多糖類、食物繊維)

 

・い…じゃがいも、さつまいもなどのイモ類(食物繊維、炭水化物)

 

お酒のおつまみにも、身体には負担をかけることなく、健康体に必要な栄養素をバランス良く、適量摂取を心がけるようにしたいですね。

 

間違っても、お酒を楽しみ過ぎて食欲が増した時に、唐揚げなど肥満の素となる料理を多く食べてしまうことは避けましょう。

 

暴飲暴食を避けるためにも、お酒は控えめに楽しむことが重要です。

 

暴飲暴食に慣れてしまっているダイエッターには、慣れるまでが大変かもしれませんが、少なくとも上記のことに注意をして、お酒にコントロールされないダイエットライフを続けましょう。