アマランサスのダイエット効果・栄養素・食べ方【脅威の穀物で栄養豊富なダイエット】

「脅威の穀物(スーパーグレイン)」と呼ばれる「アマランサス」は、スーパーフードの「キヌア」と同じく、その高い栄養価が注目されているヘルシー食品です。

 

海外セレブが食生活に取り入れ始めたことで、知名度が一気に上がりました。

 

穀物といえば、昔はダイエットに対してネガティヴなイメージがありましたが、世界にはダイエット中に不足しがちな栄養素をしっかりと補給する穀物も多く存在しています。

 

その一つである「アマランサス」も、ダイエッターの味方となる穀物なのです。

アマランサスとは?

 

南米原産、ヒユ科ヒユ属の植物である「アマランサス」は、種子が食用であり、古来より栽培され続けています。

 

日本でも江戸時代に普及していたようです。

 

見た目は白ごまのようなとても小さい粒なのですが、エネルギーは他の穀物とあまり変わらないものの、栄養価の高さは抜群であり、ダイエットをサポートする特性も兼ね備えています。

 

アマランサスの栄養素

 

アマランサスには、様々な穀物の中でも、「鉄分」や「カルシウム」、「マグネシウム」、「亜鉛」など「ミネラル類」に加えて、「ビタミンB6」や「葉酸」などの「ビタミン類」もとても豊富に含まれています。

 

白米との比較でも、カロリーは変わらないのに鉄分・マグネシウムにおいては約10倍、カルシウムでは約32倍、亜鉛では4倍と、まさにスーパーグレインという異名をもつほどの抜群たる栄養価なのです。

 

もちろん、「アミノ酸」や「食物繊維」、アンチエイジング対策に必要な「ビタミンE」も豊富で、キレイ痩せ効果が期待できるスーパーフードと言えますね。

 

 

アマランサスのダイエット効果

 

栄養補給

 

ダイエットでは、ある程度の食事制限が重要視されますが、そうなるとやはり、健康的な痩せ体質作りに必要な栄養素を十分に摂取できなくなることも考えられます。

 

特に、安定な精神状態や骨の強化に関わる「カルシウム」や、血液量を増やす「鉄分」、腸内環境や便通、血糖値上昇に影響を与える「食物繊維」などが不足しやすくなるのです。

 

アマランサスには、このような栄養素も多く含まれていますから、白米とともに炊くだけで、しっかりと補給することが可能です。

 

脂肪燃焼促進

 

アマランサスには、「タンパク質」も多く含まれていて、体内では合成されない「必須アミノ酸」を含んでいます。

 

中でも、特に注目されるべき必須アミノ酸は「リジン」であり、小麦や米に含まれてはいない栄養素。

 

「リパーゼ」という脂肪分解作用を持つ酵素の働きを活性化させるサポートに優れていて、脂肪燃焼促進効果に期待できます。

 

美肌成分

 

他の穀物よりもやや多い約6%もの脂肪分を含んでいるアマランサスですが、その約7%は「スクアレン」といい、サメの肝油に多く含まれていることで有名な成分です。

 

オリーヴオイルにも若干含まれているものの、比較ではアマランサスに多く含まれていることになり、代謝の活性化に加えて美肌効果にも期待でき、化粧品はもちろん、サプリにも活用されています。

 

まさに、キレイ痩せを望む女性に必要な成分なのです。

 

 

便秘改善

 

便秘を改善するには、積極的に食物繊維を摂取する必要がありますが、重要なことは、腸まで届いて水分をしっかりと吸収、便量を増やして蠕動運動を促す「不溶性食物繊維」と、腸内環境を調整して水に溶け軟便にする「水溶性食物繊維」の双方を、バランス良く摂取することなのです。

 

アマランサスには、白米の約15倍もの食物繊維を含んでいて、便秘が気になるダイエッターにおすすめです。

 

血糖値の上昇抑制

 

タンパク質の一種であり、多くの穀物に含まれている「グルテン」は、弾力性に優れており、もっちりとして美味しいパンや麺作りなどには絶対不可欠。

 

ただし、摂取することで食欲旺盛に導き、血糖値を上昇させやすく、脂肪蓄積に作用するインシュリンを過剰分泌させるという働きを持っていて、ダイエッターにとっては摂取を避けたいもの。

 

アマランサスは、そんなグルテンを含んではいない、今話題の「グルテンフリー食品」ですから、血糖値上昇の抑制効果に期待ができます。

 

欧米では、健康のためにもグルテンフリーダイエットが人気ですが、アマランサスも有効的な食材と言えるのです。

 

コレステロール値の減少

 

アマランサスには、コレステロール値減少に効果的とされる成分も含まれています。

コレステロールの吸収抑制効果、悪玉コレステロール値減少効果が期待できる「植物ステロール」、強い抗酸化作用を持つビタミンEの一種であり、中性脂肪や悪玉コレステロールの減少をサポートする「トコトリエノール」、腸内でのコレステロール吸収を抑制する「食物繊維」で、コレステロール値減少へと作用します。

 

 

その他、期待できる効果

 

「鉄分」を豊富に含むアマランサスでは、貧血や月経痛、月経前症候群(PMS)など、女性特有の不快症状に対して軽減効果も期待できます。

 

また、新陳代謝促進に効果的な「亜鉛」も多く含まれているため、毛髪や皮膚の再生もサポート。

 

アンチエイジング対策に必須である「ビタミンE」、皮膚の炎症抑制に効果的な「ビタミンB6」、イライラ予防・精神安定に効果的な「カルシウム」や「マグネシウム」など、キレイ痩せを目指すダイエッター、ストレスを抱えるダイエッターに必要な栄養素が満載。

 

アマランサスの食べ方

 

アマランサスはとても小さな粒ですから、まぅは目が細やかなザル、茶こしなどを使って洗い、お米と一緒に炊くことがおすすめ。

 

1日の摂取適量は100gほどとされていますが、お米2合に対してアマランサス大さじ1ほどが美味しく頂ける目安です。

 

アマランサスは、市販のご飯に混ぜる雑穀ミックスの中に入っていることも多々ですから、初めての方には、そういった商品をトライするのもいいのではないでしょうか。

 

また、パフ加工されたアマランサスも販売されていて、サラダやスープなどにシンプルなアレンジも可能です。

 

もちろん、他にも多くの調理法をネット検索できるので、いろいろと試してみてもいいですね。

 

摂取時の注意点

 

アマランサスは、WHO(世界保健機関)より「未来の食べ物」とされ、NASAでは宇宙飛行士の食料にされているほどの高い栄養価食品であり、アレルギー反応はほぼ心配がないという、摂取しやすいスーパーフードです。

 

ただし、栄養価が高いからと過剰摂取をすれば、下痢のような症状を引き起こしたり、高カロリーとなってしまう可能性も考えられるため要注意。

 

スーパーフードとはいえ、他の食材とのバランスも考えながら、毎日の食事にうまく取り入れてみて下さいね。