食事に「ビタミンB群」を組み合わせて体脂肪をカット【ビタミンB1・B2を補給】

今回は、効率よくエネルギー消費を行うために必要不可欠な栄養素、「ビタミンB群」について。

 

栄養素が持つ作用は、組み合わせによってさらに強力化することがわかっていますが、ビタミンB群にもその重要な組み合わせがあるのです。

 

組み合わせて痩せやすくする

 

太らせる元といえば、「糖質」や「脂質」ですが、ビタミンB群を多く含んだ食材との組み合わせで、身体への蓄積を防ぎ、エネルギー消費を効率よく行う効果に期待できます。

 

例えば、ダイエットには大敵である「炭水化物」のご飯などでは、鮭といった魚との組み合わせによりビタミンB群を多くプラスでき、体脂肪へとなりにくくするのです。

 

逆に、ビタミンB群の不足となると、摂取した炭水化物は燃焼しづらく、蓄積されやすい体脂肪となってしまいます。

 

つまり、鮭のおにぎりや鯖の定食など、長い歴史を誇る和食は、とても健康的な組み合わせであり、和食を中心とした食生活で、ビタミンB群を十分に活かし痩せ体質作りが自然と行えるということに。

 

疲れやすい身体は「ビタミンB1」を補給

 

「ビタミンB1」不足は、身体を疲れやすくさせてしまいます。

「身体が疲れやすい=(イコール)太り体質」は、ダイエッターが知っておくべきダイエットの常識でもありますね。

ビタミンB1は、体内に溜め込むことが不可能ですから、毎日の食事で補給することが重要です。

 

青魚でビタミンB2を補給

脂質分解をメインとする栄養素の「ビタミンB2」は、鰯や鯖などの青魚に多く含まれています。

ビタミンB2は、身体の酸化防止、悪玉コレステロールの抑制にも効果的とされますから、キレイ痩せのためにも、積極的に摂取することを心がけるようにしましょう。

 

それでも、魚料理は苦手という人には、サプリメントやグリーンスムージー、酵素ドリンクなどで、ビタミンB群を補給するのもいいですね。