マヌカハニーの効果・効能【アンチエイジング・ダイエットにもおすすめ】

日本でも多くの芸能人やモデルなどが愛用している「マヌカハニー」が話題になっていますが、一般的なハチミツとはどのような違いがあるのでしょうか?

 

今回は、そんなマヌカハニーについて、まとめてみました。

マヌカハニーとは?

 

ニュージーランドにだけ生息しているという「マヌカ(学名ギョリュウバイ)」の花蜜から採取できる貴重なハチミツが「マヌカハニー」であり、現在流通している製品のほぼ全てが、ニュージーランド産になっているようです。

 

マヌカは、古代より薬として用いられており、先住民語で「復活の木」、「癒やしの木」などという意味合いを持っています。

 

抗菌活性力がとても高いマヌカハニーは、腸内に潜む悪玉菌の活動を抑制~殺菌へと導き、その効果効能に関しては、医学会でも注目されています。

 

マヌカハニーの殺菌力

 

マヌカハニーと一般的なハチミツとの違いといえば、やはり何と言っても「殺菌力」でしょう。

 

マヌカハニーには、抗菌における特殊な有効成分の「UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)」が含まれていて、海外では医療にも用いられるほど。

 

その効果では、風邪予防・改善、美肌、コレストロール値の調整などに期待されています。

 

特に、大腸菌やピロリ菌による感染病、消化性の潰瘍などといった胃腸疾患を改善へと導くことから、さらなる研究が続けられています。

 

マヌカハニーの美容に関する効果・効能

 

上記でご説明した他に、虫歯や口内炎、歯周病、風邪やインフルエンザなどの予防、咽喉痛や炎症の緩和、腸内環境の調整、コレストロール値の低下、切り傷や火傷の治癒など、期待できる効果は豊富です。

 

では、女性に嬉しい美容効果についてもご説明していきます。

 

アンチエイジング

 

ダイエットにおいても、美への追求においても、やはり健康的な方法であることが絶対条件になります。

 

マヌカハニーにおける殺菌力や抗菌力は、体内でも壊れにくく、アンチエイジングや様々な疾患予防に最適なのです。

 

当然ながら、活性酸素除去に効果的な強い抗酸化作用を持つとされる「シリング酸メチル」については、一般的なハチミツよりも多く含まれている上、さらに強い抗酸化作用を持つポリフェノールも、活性酸素が過剰に働くことを抑制します。

 

また、たるみやくすみなど肌のエイジングについては、加齢や多様な刺激に影響されて糖がタンパク質へ結びつく現象の「糖化」が進むことで、肌が持つ弾力繊維が壊れやすくなり肌老化へと繋げますが、マヌカハニーの抗酸化作用で、この糖化の促進予防が期待できます。

 

そしてハチミツには、善玉菌の増殖だけではなく、鉄分の吸収率を高める作用を持つ「グルコン酸」が含まれているので、貧血に悩む女性におすすめ。

 

さらには、脳の活性化に必要な「ブドウ糖」も豊富に含んでいるマヌカハニーですから、疲労回復や美脳作りにも期待ができます。

 

摂取するだけという簡単なことですから、子育てや仕事で多忙な毎日を送る女性は特に、積極的に取り入れたい食品ですね。

 

その他期待できる美容効果

 

マヌカハニーには、アンチエイジングはもちろんのこと、全般的な美容に不可欠な栄養素が豊富に含まれています。

 

まずは、美肌や疲労回復効果に期待ができる「ビタミンB1・B2」、「ナイアシン」、「葉酸」などの「ビタミンB群」、エネルギー生成や高血圧・高脂血症などの予防・改善、身体を健全に動かすために必要な酵素の働きもサポートする「マグネシウム」。

 

そして、メラニン生成や老化の予防、美肌維持に必要なコラーゲンの生成に役立つ栄養素の「ビタミンC」、細胞の成長や筋肉の衰退予防、エイジングケアに効果的な「リン」など、多くの栄養素が美しく健康的な身体作りに繋げます。

 

マヌカハニーのダイエットに関する効果・効能

 

脂肪燃焼

 

ダイエット効果にも期待できるマヌカハニーですが、ハチミツ同様、就寝の1時間前に大さじ1杯ほどを摂取すると、糖質を肝臓に蓄えることができ、成長ホルモンを増量させ、脂肪燃焼の促進を高めます。

 

ただし、そのためには良質な睡眠を6~7時間は取ることが必要です。

 

ハチミツ自体に安眠作用があるとWHOも認めていますから、試す価値ありですね。

 

アルカリ性ダイエット

 

海外のセレブに大人気となったダイエット法の一つに、「アルカリ性ダイエット」がありますね。

 

これは、野菜や果物、海藻、きのこ類などの「アルカリ性食品」と、肉や魚、卵、砂糖、米、小麦などの「酸性食品」を、「7:3」という割合で摂取する方法です。

 

元々酸性であるマヌカハニーは、口に入れることでアルカリ性に変わるという特性を持っているので、アルカリ性ダイエットにもプラス可能な食品なのです。

 

砂糖の代わりでカロリーダウン

 

ハチミツのカロリーは砂糖よりも低いものですが、一般的なハチミツは「高GI食品」とされています。

 

対してマヌカハニーは、ダイエットにも効果的とされる「低~中GI食品」ですから、日頃使用している砂糖をマヌカハニーに代替することで、ダイエット効果が期待できます。

 

ただし、砂糖が加えられていない純粋なハチミツ、マヌカハニーの使用が必須です。

 

空腹感を抑制

 

ハチミツは、空腹感を抑制する効果も期待できます。

小腹が空いた時には、小さじ1杯のマヌカハニーを舐めてみましょう。

 

しばらくして空腹感は和らぎ、不必要な間食を予防することに繋がります。

 

リップケアやストレスにも効果的

 

女性のダイエットは、やはりキレイ痩せが望ましいもの。

 

マヌカハニーは、つい目落としがちな唇のくすみケアにも効果的なので、リップ代わりに塗れば炎症抑制に。

 

さらには、口角にできてしまったニキビ、口内炎ケアにも最適。

 

もちろんハチミツですから、舐めても安心安全ですね。

しかも、しっかりとした保湿でモチモチ感たっぷりのキレイな唇へと期待できます。

 

肌への使用例

 

では、肌への使用例を少し挙げておきましょう。

是非参考にして下さいね。

 

 

・少量を洗顔料、化粧水や乳液に混ぜる

・肌に直接塗ってから、ラップでパックする

・ニキビなど気になる部分に直接塗る

 

マヌカハニーを肌へと直接塗ることに抵抗があるという方には、市販されているマヌカハニーが含まれた肌ケア商品を試してみるのもいいですね。

 

また、マヌカハニーに含まれる神経伝達物質の「アセチルコリン」は、心身ともにリラックスを感じさせる副交感神経の働きを高めると言われています。

 

ダイエットにストレスは大敵ですから、就寝1時間前にマヌカハニーを摂取し、心身のストレスを緩和させるためにも良質な睡眠を心がけましょう。

 

マヌカハニーとハチミツの違い

 

マヌカハニーと一般的なハチミツには、含まれる栄養素の数やその量以外にも違いがあります。

 

まず、食感についてですが、マヌカハニーはハチミツよりも水分量が少なめであり、煮詰まったハチミツのような重みたっぷりの食感であることが特徴的。

 

そして、気になる味では、「甘味が少ないキャラメル」、「薬っぽい味」という意見が多いものの、もちろん個人の嗜好によるでしょう。

 

また、抗菌・抗炎症については一般的なハチミツにも言えることですが、ピロリ菌の除菌効果の期待大と言えるのは、やはりマヌカハニーのみ。

 

さらに、マヌカハニーと一般的なハチミツの大きな違いとして、「耐熱性」が挙げられます。

 

普通ハチミツといえば、45℃以上で有効成分は徐々に消失してしまい、65℃以上となると単に甘みが強い液体になってしまいます。

 

ところが、マヌカハニーは100℃を超えても、含まれている「メチルグリオキサール(MGO)」という成分は残るとされています。

 

もちろん、他のビタミンやミネラルなどは、ハチミツと同様耐熱性はなく薄れてしまいますが、メチルグリオキサールは、加熱処理後も抗菌・殺菌作用を持続させるのです。

 

つまり、マヌカハニーは料理にも幅広く使えることになり、免疫力が高い健康体作りに期待できます。

 

ただし、加熱しすぎて焦がしては意味がありませんから要注意。

 

当然ながら、含まれる全ての栄養素をしっかりと摂取するためには、加熱せずにそのまま舐めることがおすすめです。

 

マヌカハニーの効果的な摂取法

 

1日におけるマヌカハニーの摂取目安量としては、小さじ6杯までと言われています。

 

その目安量を守りながら、空腹時の食前1時間前に小さじ1~4杯を、舐めながら口の中で溶かす摂取法がおすすめ。

 

また、就寝の1時間前に摂取することで、安眠&脂肪燃焼効果に期待できるとされていますから、ヨーグルトに入れて食べることも最適。

 

ただ、過剰摂取には気をつけましょう。

 

マヌカハニーの選び方

 

マヌカハニーには、その効能のレベルを示す数値として、「UMF(抗菌活性力)」が記載されています。

 

その数値は、消毒液濃度との比較による抗菌力を表しており、5+、10+、15+など、数値が大きくなるほど効力と値段も高くなっていきます。

 

ちなみに数値は、UMF協会の認定なしでは付けられません。

 

ニュージーランドでは、UMF10+以上と認定されたマヌカハニーは、「アクティブマヌカハニー」と呼ばれており、病院にも使用されているほどです。

 

風邪などの予防や美容目的として食習慣に取り入れる場合は、UMF5+ほどでもOKとのこと。

 

他にも、UMFのように効能を示す数値は、NPAやTAなど目にしますが、厳しい審査の上付けられているUMFの数値をチェックすることがおすすめ。

 

体内に摂取するものですから、安全性のことも考え、産地や品質、成分に関しても明確にされたマヌカハニーを選ぶようにしましょう。

 

マヌカハニーの摂取に関しての注意点

 

マヌカハニーは、ハチミツと同じく、まだ善玉菌や抵抗力がしっかりと発達していない1歳未満の子供には、乳児ボツリヌス症を発症する危険性があるため、厳禁です。

 

また、糖尿病患者である場合、過剰摂取には十分な注意を。

 

1日にスプーン1杯程度なら問題はないとされていますが、事前にかかりつけの医師に相談するのもいいでしょう。

 

マヌカハニーの危険性について

 

研究により、マヌカハニーには、有効成分の「メチルグリオキサール」が含まれていると判明しています。

 

これは、ブドウ糖(グルコース)が変化したものであり、ヒトが炭水化物などの糖分を摂取することで、体内に自然と作られる成分です。

 

また、焼き魚や焼肉などの焦げ目、コーヒーやチョコレートなどにも含まれているようです。

 

メチルグリオキサールは、反応性がとても高い物質と言われており、体内での酸化反応が起こってしまうのではないかと、一部の人から不安な意見もあるようです。

 

ただ、メチルグリオキサールを含んでいる一般的な食品も多いもの。

 

どの食品にも、メリット・デメリットが存在していて、メチルグリオキサールのことだけでマヌカハニーの危険性が高いとは言い切れません。

 

やはり女性のダイエットは、健康的にアンチエイジング対策も兼ねたキレイ痩せが一番ですね。マヌカハニーを食習慣に取り入れた健康ダイエットライフを、是非始めてみて下さい。