ミネラル類の吸収率を高める食べ合わせ食習慣でキレイ痩せ

キレイ痩せを目指すには、やはり「アンチエイジング」対策にも注意しておきたいですね。

 

アンチエイジングに効果的とされる食材は多くあり、そのまま食べることもOKですが、食べ方を工夫することで、その栄養素の吸収率や作用を高めることが可能です。

 

ただ摂取するだけではなく、アンチエイジングを効率的に行う食べ合わせを食習慣にプラスしてみませんか?

塩分多めの食事とカリウム

 

私たちにとって必要となるミネラル類の1つに、塩である「ナトリウム」が挙げられます。

 

とはいっても、現代の食生活では、塩分高めであることが多々であり、お酒とともに塩辛い食事となる機会も増え、ミネラル類の中でナトリウムが過剰摂取となっていることも事実。

 

過剰なまでに塩分を摂ってしまうと、ダイエッターにとって大敵であるむくみや高血圧などを引き起こしやすくなるため、その予防には「カリウム」が多く含まれた食事を取ることが必要になってきます。

 

塩分が高めかも、と感じた時には、カリウムが多く含まれた食品も一緒に摂取するようにしましょう。

 

塩分が高い食品と言えば、塩辛はもちろん、佃煮、生ハム、明太子、カップラーメン、スナック菓子、おつまみ全般、外食による食事やコンビニ食などが挙げられます。

 

カリウムが多い食材では、パセリやアヴォカド、納豆、ほうれん草、銀杏、大和芋、里芋、大豆、明日葉、モロヘイヤ、ニラ、シソ、ニンニクなど。

 

生ハムやスモークサーモンにはアヴォカドを、カップラーメンにはほうれん草やニンニクをトッピングにするなど、ちょっとした工夫を意識するようにしましょう。

 

 

カルシウムとビタミンD、マグネシウム

 

骨や歯を丈夫にするために重要となる栄養素、「カルシウム」。

 

健康的なダイエットにも、当然必要な栄養素です。

 

とはいえ、カルシウムのみを多く摂取すればいいというわけではありません。

 

カルシウムを沈着させるためには、「ビタミンD」や「マグネシウム」をともに摂取することが大切なのです。

 

ビタミンDが多く含まれた食材では、鮭やシラス、イワシやニシン、サンマ、鰻、ヒラメ、マグロ、キクラゲ、カジキ、鯖などの魚類がメインです。

 

マグネシウムを多く含んだ食材では、同じくシラスやイワシ、アサリ、ハマグリ、ホッキガイ、ミル貝、桜エビなどの魚介類の他、油揚げ、がんもどき、湯葉、納豆といった大豆製品など。

 

チーズなどカルシウムが多く含まれた乳製品を、上記に挙げた食材の調理に加えるといいでしょう。

 

特に、運動不足のダイエッターで骨の弱さが気になる人には、カルシウムの吸収率を高める食習慣がオススメです。

 

鉄分とビタミンC、タンパク質

 

ヒトの血液で重要な成分、「ヘモグロビン」の素が「鉄分」ですね。

 

全身の細胞へと酸素を送る役割を持つヘモグロビンの量が十分でなければ、健全な細胞は作られにくい上、栄養も全身へと届けられにくくなります。

 

ヘモグロビンを増やすためには、効率よく鉄分を摂取し、その吸収率を高めたいもの。

 

そこで、鉄分には、吸収しやすく変形させる「ビタミンC」と、吸収率アップに作用する「タンパク質」を組み合わせましょう。

 

ビタミンCを多く含んだ食材には、特に赤や黄色のピーマン、シシトウ、パセリ、ゴーヤ、柿、キウイ、イチゴ、レモン、水菜、ケール、紫キャベツ、モロヘイヤ、ブロッコリー、カリフラワーなど。

 

タンパク質が多く含まれた食材では、シラスやイワシ、アジ、カツオ、鮎、イワシ、マグロ、ササミ、豚ヒレ肉など。

 

そして、鉄分が多く含まれた食材には、レバーやパセリ、卵黄、シジミや赤貝、ホッキガイ、鮎、イワシ、納豆やがんもどきなどの大豆製品、鴨肉などが挙げられます。

 

特に貧血気味なダイエッターには、鉄分の吸収率を高める組み合わせを意識することがオススメ。

 

鉄分については、「鉄分をしっかり吸収して貧血改善!痩せ体質の作り方」でもご紹介しているので、ご参考にどうぞ。

 

亜鉛とビタミンC、クエン酸、動物性タンパク質

 

身体に必須なミネラルの「亜鉛」は、新陳代謝を高め、体内から毒素を排出するデトックス作用にも期待できます。

 

亜鉛不足となると、健康的な細胞の生成がしづらくなり、身体の成長にも悪影響を与え、味覚障害などのリスクも高まります。

 

そんな亜鉛不足を予防するには、「ビタミンC」と「クエン酸」、「動物性タンパク質」とともに摂取することが大切です。

 

ビタミンCや動物性タンパク質を多く含んだ食材については、上記の「鉄分」をご参照下さい。

 

クエン酸が多く含まれた食材では、レモンやお酢、梅干しなどが挙げられます。

 

亜鉛を多く含んでいる食材には、牡蠣、豚肉のレバーや牛肉、卵黄などが挙げられますから、牡蠣にレモン汁をかけたり、お酢で味付けをした牛肉を調理したりして、効率の良い亜鉛の摂取・吸収を心がけましょう。

 

一時は「単品ダイエット」が流行りましたが、栄養素の吸収率を高める健康的なダイエットではないということがお分かり頂けたのではないでしょうか。

 

キレイ痩せは、ただ単に食事量を減らせばいいというわけではありません。

様々な栄養素を積極的にしっかりと吸収する食習慣をベースにしましょう。