ゴーヤの効果・効能とは?【栄養素たっぷりゴーヤ茶で本格ダイエット】

別名「ニガウリ」とも呼ばれる「ゴーヤ」と言えば、やはりゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

昔は沖縄の郷土料理として、沖縄でしか味わえない食材というイメージが強かったのですが、近年では全国どこでもゴーヤが手に入るようになり、ゴーヤ料理も一般的な家庭料理として食卓を飾ることが増えてきていますね。

 

しかも、今ではガーデンで育てる人も少なくないそうです。

 

そして、そんなゴーヤは、ダイエット作用に必要な成分を豊富に含んだ食材であり、お料理が苦手なダイエッターには、「ゴーヤ茶」によるダイエットもおすすめなのです。

ゴーヤの効果・効能

 

血糖値の上昇抑制

 

ゴーヤには、苦味成分である「モモルデシン」や「チャランチン」が含まれており、膵臓の機能を活性化させる作用があるとされています。

 

 

その作用によって、インスリンの分泌量をアップし、糖質分解を促進、血糖値の上昇抑制へと導きます。

 

脂肪の代謝アップ

 

ゴーヤの種子には、体内で「共役リノール酸」に変わる、「リノレン酸」が含まれています。

 

共役リノール酸は、脂肪の代謝促進効果に期待できると言われています。

 

むくみ改善

 

「カリウム」をたっぷりと含んだゴーヤなので、デトックス作用によって、余分な水分の排出を促進し、むくみ改善に期待できます。

 

便秘改善

 

ゴーヤが豊富に含んでいる栄養素では、「食物繊維」もその1つです。

 

さらに、苦味成分であるモモルデシンが、腸の蠕動運動を促進する作用を持つことから、便通改善に期待できます。

 

 

美肌作り

 

ゴーヤの栄養素では、やはり豊富な「ビタミンC」が有名ですね。

 

ビタミンCと言えば、加熱により破壊されやすい特徴を持っていることが一般的ですが、ゴーヤに含まれているビタミンCは、加熱調理でも壊れにくいとされており、調理後もビタミンCを効率よく摂取することが可能なのです。

 

ビタミンCは、美肌作りに必要なコラーゲンの生成に関わる栄養素ですから、ゴーヤを習慣的に摂取することで、美肌効果が期待できるのです。

 

夏バテ防止

 

苦味成分のモモルデシンが持つ健胃作用と、豊富に含まれているビタミンCの強い免疫力によって、夏バテ予防に効果的。

 

利尿作用があるカリウムも豊富に含まれていますから、体内に溜まった熱を下げる効果にも期待できます。

 

ゴーヤ茶の作り方

ゴーヤが手に入りやすくなっているので、ご家庭にてゴーヤ茶作りもおすすめです。

 

ゴーヤ自体は苦味を強く感じるものの、ゴーヤ茶の苦味はそれほど強くはなく、ほうじ茶のようなコクと甘みが特徴的。

 

それでも、ゴーヤ特有の香りなどが気になる人は、アイスにすれば飲みやすくなりますが、ダイエットでは温かいお茶がBetter。

 

では、作り方をご紹介しておきましょう。

 

1.縦半分に切ったゴーヤを、スプーンでワタから取り除きますが、種は捨てないで下さい。

 

2.ゴーヤを1mmほどの薄い幅にスライスします。

 

3.大きなお皿にクッキングシートを敷き、その上に、スライスしたゴーヤと残しておいた種を重ならないように広げていきます。

 

4.3を風通しと日当たりが良い場所に1~2日間置き、しっかりと乾燥するまで天日干しにしましょう。

 

天日干しが無理な場合、電子レンジ調理が可能なお皿、又は専用のシートにゴーヤを並べて、電子レンジで両面を3~4分ずつ加熱していきましょう。

 

5.乾燥したゴーヤのスライスと種を、薄茶色になるまでフライパンで乾煎りしたら、完成です。

 

完全に冷めてから、湿気を吸ってしまわないように、密封容器などに入れ、保存しましょう。

 

 

ゴーヤ茶ダイエットの方法

 

手作りした乾燥ゴーヤの適量を急須などに入れて、熱湯を注ぎ、ゴーヤに含まれている成分をしっかりと抽出するように、5分ほど待ちましょう。

 

煮出す場合は、2~3分ほどでOKです。

 

お茶の濃さや個人の体調などにもよりますが、ゴーヤ茶ダイエットでは、1日に3~7杯くらいまでがおすすめ。

 

さらに、ゴーヤ茶は葉や茎が使われていませんから、お茶の出がらしも種ごと、佃煮など調理に使って食べきることが可能です。

 

もちろん、市販されているゴーヤ茶を利用したダイエットもGood。

ただし、必ず表示されている用量・用法、注意すべき点を守るようにしましょう。

 

ゴーヤ茶ダイエットの注意点

 

ゴーヤには、身体に冷えを与える作用があるとされますから、過剰摂取によって冷え性、血行不良などのリスクが高まります。

 

ゴーヤ茶だけではなく、ゴーヤも食習慣に加えていくのであれば、なるべく生姜やニンニク、唐辛子などの体温上昇に効果的な成分とともに摂取することがおすすめです。

 

特に、冷え性の人は、寒い時期でのゴーヤの摂取はもちろんのこと、時期を問わずにゴーヤ茶ダイエットは控えた方がいいでしょう。

 

また、ゴーヤ茶には多くのカリウムが含まれているので、腎臓病などカリウム摂取に制限がある人も控えるようにしましょう。

 

近年、代表的な夏野菜の1つとされる「ゴーヤ」で作るお茶は、カフェインが含まれていないお茶である上、美容・健康的な身体作りに必要となる成分が豊富に含まれています。

 

夏の季節にはぜひゴーヤ茶ダイエットで、キレイ痩せをお試しください。